共有名義の不動産を相続することで発生する税金

共有の不動産物件の相続をした時に必要な税は?

相続などによって兄弟で1つの不動産を所有することはあります。
共有名義の不動産物件を相続する場合、税金が発生しますので税金の種類や支払いを理解しておくことが重要です。
基本的に相続時に必要となるのは相続税です。ただしこの場合、通常の不動産物件を受け継いだ時と同様の支払いになるのではなく、不動産物件全体の評価額を算出し、保有している物件の保有割合から分割して支払うことになります。例えば兄弟3人で土地を引き継いだ場合、土地の評価額に課税される金額を3人の保有する割合を掛けた金額が請求されるのが一般的です。
固定資産税や都市計画税なども支払わなければなりません。
固定資産税は毎年1月1日時点で課税されます。共有での物件の場合、所有者全員に各自が持っているパーセンテージに従った金額を支払うことが義務付けられているため、参考にしてください。
共有名義の不動産物件は通常よりもパーセンテージは変わりますが、通常の相続とほぼ変わらない税が課税されます。

相続したときに支払う税金の回数と期限は?

共有名義の不動産物件の相続税の支払いは1回だけです。
現金で一括で支払わなければなりません。郵便局・銀行・信用金庫及び税務署で納付書を使って支払うことができます。
クレジットカードでの支払いも可能となっているため、クレジットカードを使った支払いを希望している場合には、事前に税務署へ相談してください。
納税額が1千万円以下であること、決済手数料は有料であることを理解していれば問題ありません。
現在手元に現金がない場合には延納制度もあるため、活用することが重要です。
固定資産税・都市計画税の支払いは4月から6月ごろに各自治体から納付書が届きます。
4月から翌年3月分までの税金の納付書が一度に入っているため、使用して支払うことが可能です。
なお、納付書以外にも講座払い・クレジットカード・窓口で現金払いなどの方法もあります。固定資産税と都市計画税は共有名義の不動産を保有している限り、毎年支払わなければなりません。

まとめ

共有名義の不動産を手に入れた時に必要となる税金は、相続税と固定資産税・都市計画税です。
相続税は相続をした時に1回だけ支払う義務がありますが、固定資産税・都市計画税は不動産物件を保有している限り毎年支払わなければならないため、注意が必要となります。
相続税及び固定資産税・都市計画税はクレジットカードでの支払いも可能です。
相続税の納税金額により支払えない可能性があるため、不動産物件の保有割合を確認し納税額をチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です